育児休業中における保育継続利用の取扱いについて

更新日:2022年09月30日(金) 16時00分

 育児休業中は、家庭において保育をすることができる状態にあることから、原則としては保育所等を退所していただくことになりますが、児童福祉の観点から入所児童の発達上、保育環境の変化が好ましくないと認められる場合に限り、継続利用を認めます。

育児休業中の保育継続利用の取り扱い

・保育給付認定(2・3号認定)を受け、保育所等に入所している方

 認可保育施設に入所している児童にかかる育児休業中の保育継続利用の取扱いについて

・施設等利用給付認定(新2・3号認定)を受けている方

 子育てのための施設等利用給付認定を受けている児童にかかる育児休業中の保育継続利用の取扱いについて

 

父母が同時期に育児休業を取得する場合の保育の利用について(令和4年10月1日~)

 従来、父母が同時に育児休業を取得する場合については、保育の継続利用を認めておりませんでしたが、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(通称、育児・介護休業法)の改正により、育児休業を取得しやすい雇用環境の整備が進んでいることから、子育てと仕事の両立を支援するため、父母が同時期に育児休業を取得する場合についても、保育の継続利用を認めることといたします。

 

お問い合わせ

こども家庭部こども保育課 076-443-2165